地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


映画やアニメの記念館。 映画・アニメ制作が終わった後、どうなるか?


映画やアニメによる地域振興・観光対策

 全国各地で、映画やアニメを使った地域振興や観光対策が行われている。

 例えば、聖地巡礼やロケ地観光など、映画やアニメを題材に、観光客を呼び込もうとしている。

 また、映画やアニメ、そしてその作者などに着目し、記念館や博物館などが建てられていることもある。例えば、サザエさんとその作者に着目した「長谷川町子美術館」などがいい例だろう。

 ただふと思うのが、それらの映画やアニメの制作が終わったり、作者が亡くなった後、それらの記念館の集客はどうなるのだろうか?

 通常で考えれば、新しいコンテンツが作られないので、どんどんとその作品も忘れられ、客数は減少していくと思われる。

 そこで、それが実際にどうなのか、どのような経過を辿るのか、ちょっと調べてみた。


手塚治虫記念館

 手塚治虫記念館は、漫画の神様・手塚治虫氏やその作品に関する記念館である。

 手塚治虫氏自身は、平成元年に亡くなったが、彼が子供の頃、暮らしていた宝塚市が、その偉業をたたえるため、平成6年に記念館を建設した。

 次のニュースによると、入場者数は、初年度は54万人だったが、次年度は約半分の28万人となり、その後、減少し続け、平成21年度には10万人を割り込んだという。そして、現状は10万人程度といった具合だ。

2014年11月7日 産経新聞「手塚治虫を知らない若者たち…「エヴァンゲリオン」は“崖っぷち”の記念館を救えるか

 よくよく考えると、今の若い人たちは、手塚治虫やその作品を知らなかったり、アニメを見たりしたことがない人も、多くいるだろう。
 その点で、この減少は、当然ともいえる。


寅さん記念館

 東京都葛飾区は、「寅さん記念館」というものがるある。
 映画「男はつらいよ」で、主人公の寅さんが葛飾柴又の出身ということで、映画「男はつらいよ」が終了した1996年の翌年に、建設された。

 映画が終わって20年近く。入場者数はどうなっているのだろうか。

 毎年、どれだけの入場者数がいるのかは、公表されていないが、○万人達成ということで、節目節目で、記念イベントを行っている。
 これを、表にしたのが、下のものである。

イベント 達成年月日 かかった日数
開館 1997年11月16日 0日
30万人達成 1998年5月9日 174日
100万人達成 2000年2月19日 651日
150万人達成 2002年2月9日 721日
200万人達成 2004年3月13日 763日
250万人達成 2006年10月21日 952日
300万人達成 2009年1月17日 819日
350万人達成 2011年9月17日 973日
400万人達成 2014年11月8日 1148日


 30万人達成イベントは別として、それ以外は、50万人刻みで、イベントが行われている。
 そして、その達成にかかった日数は、イベントごとに長くなっていることが分かる。すなわち、年々、入場数が減少していることが読み取れる。

 ただ、最初だけ、30万人達成イベントとなっているので、比較がしにくい面がある。
 そこで、それぞれのイベント達成までの1日当たりの平均入場者数を計算したのが、下の図である。


寅さん記念館の1日当たり平均入場者数

寅さん記念館の1日当たり平均入場者数

 例えば、一番左の棒グラフは、開館から30万人達成までの間の1日当たりの平均入場者数が、1724人であることを示している。

 図から明らかなように、250万人達成から300万人達成の間には、若干、持ち直すが、年々、減少していることが読み取れる。

 初年度から比べると、昨年はおおよそ4分の1まで落ち込んでいる。
 2012年には、記念館をリニューアルし、記念館の向かいに、「山田洋次ミュージアム」もオープンさせたにも関わらずである。

 また、この記念館では、「寅さん」とは無関係なイベントも行われており、それらの人の数も、入場者数に入っているとすると、「寅さん」目当てという人は、もっと少なくなるだろう。


まとめ

 手塚治虫記念館と寅さん記念館について、見てみたわけだが、次のようなことが言えるだろう。

 1つは、やはりコンテンツ制作が終わったものは、年々、入場者数は減少してしまうということである。

 もう1つは、入場者数は、記念館などができた初年度が最も多く、2・3年目には半減し、10年以上たつと、4分の1、5分の1まで落ち込んでしまうということだ。

 当然、このような状況であるので、大河ドラマなどでは、ドラマ期間中だけ、記念館を開館するといったことが行われてもいる。

 いずれにせよ、今後も、映画やアニメなどに関する記念館などは作られるだろうが、作品が制作・提供されているうち、早いうちに、記念館などを建設するのがいいといえよう。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告