地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


ヤマダ電機による46店閉店と市場の失敗


ヤマダ電機による46店閉店

 ヤマダ電機が、5月末までに46店もの店舗を閉店するそうだ。

2015.5.24 朝日新聞「ヤマダ電機、46店を閉店 拡大路線転換、都市部に注力

 これ自体、市場が縮小する中で、ある意味、仕方がないことであり、今後もこの傾向は続くだろう。
 そして、家電店がない地域というものも増えていくに違いない。

 このような現象は、スーパーなどでは、既に生じている現象である。

 1990年代以降の規制緩和の中、2000年の大店法の廃止により、大型店舗の開業が容易になり、地方には多くの大型スーパーなどが生まれるに至った。消費者としては品揃えが豊富で、価格も安いので、ありがたい話だが、その結果、地域の中小の小売店は、競争に敗れ、廃業・倒産に追い込まれた。しかし、市場が縮小する中で、採算がとれない大型スーパーも登場し、その地域には、スーパーや小売店がなくなり、買い物難民を発生させるに至ったという現象である。

 今回のヤマダ電機の閉店は、このような現象が、家電分野にも起きつつあるということを、改めて感じさせるニュースである。


市場の失敗

 このときに同時に、私が思うのは、市場の失敗であり、競争政策の失敗であるという点である。

 一般には、競争や規制緩和が正しいと思われている。しかし、それは誤りである。

 競争や規制緩和が必要な場合も多いが、同時に問題を引き起こす。
 実証研究でもあったと思うが、自由競争に任せておくと、市場は必ず寡占化する。逆に、規制が強い分野では寡占は生じにくい。分かりやすい例でいえば、農業・医療などは規制が強いため、寡占化・大規模化は生じていない。
 ただ、寡占化が生じるだけならばいいかもしれないが、その結果、競争的であるために自由競争を行わせていたものが、競争的ではなくなる現象が生じる。

 上記の例も、自由競争としては正しいが、その競争性ゆえに、他の小売店が淘汰され、最終的には中心的に大規模小売店のみが残るという寡占的・独占的に市場となった。しかも、その小売店が撤退すると、市場そのものが崩壊してしまうということを示している。

 一般に、「市場の失敗」というと、このような場合は指さないが、まさしくこの例も「市場の失敗」であると思う。
 そして、この市場の失敗には、政府による規制等が必要である。

 ただ、地方自治体としては、憲法・法律・WTOなどの関係から、このような規制は難しい。
 ここで重要なのは、独占禁止法であり、公正取引委員会の役割である。しかし、これらの法律や機関は、上記のような問題に対して、機能してこなかった。言い換えれば、真に、競争市場の形成を図ってきたとは言い難いと思う。

 自由競争は重要だが、同時に市場の失敗も生じるという認識のもと、政府は競争政策を行ってほしいと思う。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告