地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


成長産業の見分け方


成長産業は見分けることはできない

 国はもとより、地方においても、今後、どのような産業が成長産業となるのかを考えることは重要だ。

 そこで、どこの地域でも、ある種、一部の産業を重点化した支援などが行われているものである。例えば、山口県では、今後は「水素だ!」ということで、水素産業の育成を行っている。

 とはいえ、国の成長戦略への批判では、行政がどの産業が成長するかは、見極めることは難しい(もしくは無理)という意見がある。

 もっともである。

 行政・民間、誰もがそのようなことを見極めることはできない。「神のみぞ知る」である。

 しかしそれは、ある種の誤りもあると思う。


成長産業の種類

 成長する産業といった場合、大きく分ければ2つある。

 1つは、非技術的な産業である。
 例えば、スマートフォンなどは、新しい技術で生まれたものではないと言われる。既存技術を組み合わせ、消費者が求める新たな価値を生み出し、スマホ市場という新たな市場も生まれた。
 また、ネットサービスなどの多くもそうであろう。多くのサービスは、技術的には新しいものではない(極端にいえば、html、java、php、CなどのPC言語を使っているだけである)が、新たな市場を生み出している。

 他方、上記のような産業とは異なり、技術的な要素が伴う産業ある。
 例えば、ロボットや新薬開発などがこのような例に当たるだろう。

 そして、技術的な要素が伴う産業は、実は成長産業か否かは読みやすい。


その理由は?

 技術的な要素が伴う産業は、研究開発が行われているか否かが、スタートとなる。研究開発が行われていなければ、そのような産業が生まれることがない。

 言い換えれば、技術的な要素が伴う産業は、大学や研究機関の技術的な動向を見ていれば、ある程度は、読めるのである。例えば、ある大学の先生が、新たな機械を開発しているとすれば、それが新たな産業の入口となる。

 勿論、新しい技術が生まれても、ニーズがあるのかは問題だ。

 ただ、大学・研究機関としても、現在はその技術の有用性は絶えず問われている。そして、突飛であったり、素晴らしい活用のアイデアはなくても、オーソドックスな活用を考えて、研究は進められている。

 このように考えたとき、その研究が、一般的な感覚として、社会的に有用であるか、役立ちそうであるかを判断すればいいだけである。
 例えば、太陽光発電の発電効率アップを研究している研究者は多いだろう。現状は、10数%程度であり、30%となれば、すごい、100%となれば、驚異的という話である。勿論、これには、価格・量産化・実用化なども問題も生じるだろうが、シナリオは見えている。

 意外な新技術の活用という例もあるが、それを想定していても、意味はない。
 技術的な要素が伴う産業については、基本的には、地域の大学・研究機関がどのような研究を行っており、それが社会的にどれだけインパクトを与えるか、どれだけ仕事・生活が変わるのか、それを考えるだけで、地域として、成長産業となりうるかどうかを見極めることができるし、そこが成長産業というものの見分け方にとって、重要なポイントであると思う。

 言い方を変えれば、技術的な要素が伴う産業は、ある程度、シナリオが予想されやすい産業であり、実は成長産業となりうるか否かの見極めは、比較的やりやすいのである、










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告