地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


見えてきた植物工場の今後

拡大する植物工場  京都の会社が、1日に3万個のレタスを生産する植物工場を建設する。 15.8.17 朝日新聞「1日にレタス3万個製造、完全自動化の工場建設へ 京都」  1日に3万個ということは、年間で約1100万個。 […]


6次産業化の成功事例:カゴメ

6次産業化  6次産業化とは、農家などの農林水産業者が、原材料である農産品の生産だけではなく、加工を行ったり、自ら販売を行うことを指す。  既存の農林水産業だけでは付加価値が取りにくく、この6次産業化は、農林水産業者の事 […]


面白い。放牧による耕作放棄地再生

放牧による耕作放棄地の再生  徳島県では、モデル事業として、県内3か所で、耕作放棄地で放牧を行うという事業を始めるようだ。 2014年9月11日 日本経済新聞「徳島県、放牧牛活用し耕作放棄地を再生 」  耕作放棄地には雑 […]


本当に農業が地方を救うのか?

地方=農業?  以前から、アベノミクスの成長戦略の一つとして、農業改革が言われている。  特に、今後の統一地方選挙、アベノミクスの成果(?)が地方に及んでいない、内閣改造で懸案の石破氏が地方創生担当大臣に就任したことなど […]


JAの改革案を考える

 政府の規制改革会議・農業ワーキンググループが、「農業改革の方向性について」をまとめた。  そしえ、全国農業協同組合中央会の中央集権的な運営が、地域ごとの農協の創意工夫を阻害しているという点から、全国農業協同組合中央会を […]


気になる福井県の植物工場技術の導入

 先日のニュースで、植物工場に関して気になるニュースがあった。  それは、福井県が、オランダから農業技術の導入が了解されたというものだ。 ニュース2014年5月9日 産経ニュース 「オランダの農業技術導入へ 西川知事要請 […]


拡大する植物工場

 以前、「農業の未来」でも書いたが、植物工場は、今後の農業の主軸になっていくと思っている。  そして現在、数年前のコスト高という構造による停滞した状態から、じわりじわりと植物工場の建設が進んでいる。  このような中、次の […]


欧州野菜の地産地消

 埼玉県で、欧州野菜の栽培が始まっているようである。  昨年4月に研究会が立ち上がり、チーマディラーパ、ロマネスコ、フィノッキオ、ゴルゴなど約10種類の野菜を秋に収穫したという。 外部リンク2014/1/5 埼玉新聞「欧 […]


キャビアも養殖される時代になった…。

 今月の初め、宮崎で養殖されたキャビアの販売が始まった。 外部リンク2013/12/5 宮崎日日新聞「「宮崎キャビア」販売始まる 宮崎山形屋で抽選会」 外部リンク宮崎キャビアHP  このキャビアの正式名称は、「宮崎キャビ […]


農山漁村再生可能エネルギー法のポイントは?

概要  農山漁村再生可能エネルギー法(正式名:農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律)が成立した。 外部リンク農林水産省「農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気 […]







広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告