地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


地域商店街活性化法

概要  地域商店街活性化法(商店街の活性化のための地域住民の需要に応じた事業活動の促進に関する法律)とは、平成21年に制定された法律で、商店街の活性化を目的とした法律である。 目的  目的としては、次のとおりである。 【 […]


国土総合開発法

概要  昭和25年(1950年)に制定された国土政策に関する法律である。  明治時代より、近代化を図るに当たり、国土開発は行われてきたが、国土全体を対象としたものとしては、この法律から始まり、その後の全国総合開発計画など […]


内水面漁業の振興に関する法律

概要  内水面漁業の振興を目的として、平成26年に制定された法律である。  従来から、漁業については、漁業法により規制などが行われていたが、外来種による内水面水産資源の被害の発生、内水面漁業の漁獲量の減少などが進む中、漁 […]


中小企業基本法

概要  中小企業基本法とは、国が中小企業政策を行うに当たって、その理念や方向性を定めた法律である。 法令データ提供システム「中小企業基本法」  あくまでも基本法であるので、特別な効力や規制などがあるわけではないが、この法 […]


債権管理条例

概要  債権管理条例とは、地方自治体が有する債権について、その管理・取り扱いなどを定めた条例である。 背景  従来より、地方自治体が有する債権については、地方自治法や個別法で、時効・督促・強制執行・免除などの規定が定めら […]


国際観光文化都市の整備のための財政上の措置等に関する法律

概要  この法律は、国際観光文化都市にふさわしい良好な都市環境の形成や国際文化の交流に寄与することを目的として、昭和52年に制定された法律である。  10年ごとの時限立法で、現状のものは、平成19年に延長され、平成29年 […]


景観法

概要  景観法とは、良好な景観の形成促進を図るため、平成16年に制定された法律である。  この法律に基づき、地方自治体は、良好な景観を維持・促進するため、建築物の建築などに対して、規制を加えることができる。 景観法の概要 […]


臨時資金調整法

 臨時資金調整法とは、輸出入品等臨時措置法とともに、1937年(昭和12年)9月に公布・施行された法律である。  日中戦争開始直後にあって、金融機関の融資を規制したりすることで、資金を軍需産業や外貨獲得産業などに集中しよ […]


軍需工業動員法

 1918年(大正7年)に制定されたもので、工場・事業所などを政府が管理することを定めた法律である。  制定以来、停止状態にあったが、日中戦争開始直後にあって、臨時資金調整法や輸出入品等臨時措置法とともに、1937年(昭 […]


工場等制限法

 工場等制限法とは、工場3法の1つで、「首都圏の既成市街地における工業等の制限に関する法律」と「近畿圏の既成都市区域における工場等の制限に関する法律」の総称である。  大都市への人口集中が続く中、1959年に「首都圏の既 […]







広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告