地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


食品関連年表


1947年
(昭和22年)
・「食品衛生法」施行
1950年
(昭和25年)
・「JAS法」施行
1963年
(昭和38年)
・果実輸入自由化の先頭を切って、バナナの輸入自由化
1970年
(昭和45年)
・「JAS法」改正
1971年
(昭和46年)
・グレープフルーツ輸入自由化
1991年
(平成3年)
・オレンジ輸入完全自由化
・商社によるキャベツ・レタスなどの輸入スタート
1993年
(平成5年)
・冷夏による米不足発生(平成の米騒動)
・ニュージーランド産リンゴの輸入自由化
1994年
(平成6年)
・米国産リンゴの輸入自由化
1996年
(平成8年)
・O157問題が発生
1997年
(平成9年)
・大きな台風により青森・長野などのリンゴが被害
1999年
(平成11年)
・「JAS法」改正(すべての食品に表示義務)
2001年
(平成13年)
・「食品リサイクル法」施行
・国内でBSEが発生
2002年
(平成14年)
・「JAS法」改正(事業者名等の公表の弾力化と罰則強化)
2003年
(平成15年)
・牛肉の個体識別番号の導入
・「健康増進法」施行(栄養表示基準の標準化
2004年
(平成16年)
・高病原性鳥インフルエンザが79年ぶりに発生(自主回収実施)
2005年
(平成17年)
・「JAS法」改正(流通JAS規格制定が可能に、登録は民間に移行)
2006年
(平成18年)
・「有機農業推進法」施行
・「食品衛生法」改正(ポジティブリストの導入)
2009年
(平成21年)
・「JAS法」改正(産地偽装に対する直罰規定の創設)
2011年
(平成23年)
・米トレーサビリティ制度スタート
・焼肉店でのレバ刺し食中毒問題発生
2012年
(平成24年)
・レバ刺し禁止が決定
2013年
(平成25年)
・「食品表示法」制定(食品衛生法、JAS法、健康増進法の表示ルール一元化)
・ホテルでの材料偽装問題発覚
・豚流行性下痢が発生
2014年
(平成26年)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告