地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


畜産業の飼養数ランキング


 平成26年の畜産業における飼養数に関し、都道府県別の上位5位とその他をグラフ化している。


乳用牛

 平成26年の乳用牛の全国飼養頭数は、1,395.0千頭。
 都道府県別の割合では、北海道が最も多く57.0%、次に3%前後で、栃木県岩手県熊本県と続いている。
乳用牛の飼養頭数の都道府県割合

乳用牛の飼養頭数の都道府県割合


肉用牛

 平成26年の肉用牛の全国飼養頭数は、2,567.0千頭。
 都道府県別の割合では、トップが北海道で19.9%、2位が鹿児島県の13.0%、3位が宮崎県の9.7%となっている。
 ただ北海道では、肉用種ではなく、乳用種の割合が高い。

 また、ブランド牛である松阪牛の産地・三重県は1.0%で23位、神戸牛の産地・兵庫県は2.0%で15位となっており、シェアは決して高くはない。

肉用牛の飼養頭数の都道府県割合

肉用牛の飼養頭数の都道府県割合


 平成26年の豚の全国飼養頭数は、9,537.0千頭。
 都道府県別の割合では、鹿児島県がトップで14.0%、2位が宮崎県の8.8%、3位が千葉県の7.1%となっている。
豚の飼養頭数の都道府県割合

豚の飼養頭数の都道府県割合


排卵鶏

 平成26年の排卵鶏の全国飼養羽数は、174,806千羽。
 都道府県別の割合では、トップが茨城県の7.4%、次に千葉県の6.8%となっている。
 ただ全国的に飼養されていることもあり、上位6位以下の「その他」が約7割をなっている。
排卵鶏の飼養羽数の都道府県割合

排卵鶏の飼養羽数の都道府県割合


ブロイラー

 平成26年のブロイラーの全国飼養羽数は、135,747千羽。
 都道府県別の割合では、トップが宮崎県の20.8%、次に鹿児島県の19.4%、3位が16.1%となっている。
ブロイラーの飼養羽数の都道府県割合

ブロイラーの飼養羽数の都道府県割合


出典

favicon-graph農林水産省の「畜産統計調査」より作成










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告