地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


縦割り行政のどこが悪い?


概要

 よく行政批判の一つとして、縦割り行政が挙げられる。
 縦割り行政とは、部署間で連携がとれておらず、同じような業務や施策を行っていたり、逆にたらい回しに見られるように、責任のなすり合いなどが起こったりしていることに対して、批判的に使われる言葉であろう。

 勿論、このような弊害はないほうがいいわけだが、縦割り行政は仕方がないものだと思う。


なぜ、縦割り行政が生じるのか?

 そもそも行政組織は、縦割りにするために、組織が構成されている。

 (地理や製品などで分ける場合もあるが)一般的には、機能別で組織が構成され、業務・組織の効率性が追及される。会社でいえば、製造部門と営業部門を分けたほうが、効率的に運用できるのと同じである。この結果、国でいえば、財政ならば財務省、産業ならば経済産業省というように、機能別の組織が作られるし、自治体でも、福祉関係ならば福祉部、建設関係ならば土木部といったような形で、組織が作られる。
 つまり、効率的に組織を運用するには、機能別に組織を設計し、縦割りにしなければならないのだ。

 そしてそうなると、各部署はそれぞれのミッションで構造するようになる。例えば、財政部門ならば財政のことを考え、土木部門ならば公共事業のことを考える。そうなると、部門ごとの間には必ず、摩擦が生じてしまう。これは、何も行政だけの問題ではない。民間の会社でも、営業部門と製造部門に摩擦が生じることなどは、よくあることである。
 すなわち、行政だろうが、民間企業であろうが、ある種の縦割りは生じているのである。


行政の特殊性は?

 それでは、行政と民間企業の違いは何であろうか?

 1つは、行政は、様々なことを行っているということである。例えば、産業、土木、福祉、税金など、対象分野は幅広い。更に、同じ福祉といっても、児童福祉から老人福祉まで、更に細分化して行政サービスを提供している。通常の民間企業ならば、食品メーカー・卸売業など、商品・サービスは限られており、いくら民間企業が事業を多角化しているといっても、行政のほどの幅はない。

 2つは、民間企業と異なり、行政の場合は、分社化できないということだ。いくら事業部を設けても、あくまでも行政組織としては一つである。民間企業ならば、全く異なることを行うのであれば、分社化したり、新たな会社を設立するが、行政ではこのようなことはできない。


結果、縦割り行政の問題が生じる

 以上をまとめると、縦割り行政の問題は、次のように言えよう。

 連携不足や重複する施策などは、そもそも行政だけの問題ではなく、事業部制などのライン組織の問題である。特に、行政の場合、部署ごとにやっていることも違えば、元々の目的が違っていることが多いため、このような問題は生じやすい。

 また、たらい回しなどは、様々に細分化された行政サービスを行っているため、外部から見ると区分がしにくいという点だろう。分社化などができれば、明瞭になるだろうが、そういう訳にもいかない。分社化などができていないため、責任も明確に分けにくいという点もある。民間企業の場合には、「会社が違います」といえばそれまでで、どこの会社が担当するかは明確に区分できるが、行政の場合にはそういう訳にはいかない。

 更にいえば、民間企業のようにワンストップのカスタマーセンターのようなものを導入することも考えられるが、行政では難しい。上記で述べたように、あまりにも細分化され、業務も多岐に渡っているので、1つの窓口で対応することは不可能だ。行政すべてについて、知っている職員などは皆無である。その結果、外部からの問い合わせは、現在の電話交換台のように、せいぜい担当課に回すだけの機能しか持たせることはできない。そこで、少しでも誤ったところにつないだり、住民の問い合わせの仕方が悪ければ、たらい回しとなってしまう。

 勿論、上記のような縦割り行政の弊害はないほうがいい。特に、民間企業も含め、部門間の連携は非常に重要だと思う。

参考行政の横断組織、うまく行かない場合が多いけど…。

 ただ、これはある種の効率性の結果であり、仕方がない部分でもあると思う。
 逆に、解決法があるのならば、知りたいと思ってしまうのだが…。










コメント

  1. 本沢 義明 より:

    戦時に発揮します。北朝鮮。バカが頭でも動き出す。余りにも犠牲が多すぎで、復活出来ない。ロシア中国北朝鮮。楽しくない。ブランド物を彼らば、好きですね。金の余裕がある中国人の行動は偽造ですか?真実かな。憧れるからブランドを買うのですよ。行動は真実に近い。金をいくらだしても作れない。絵画、造形、イロイロ、ローマは一日であらず。日本のわびさびは書面化出来ません。3.5次元を楽しむから。まだまだですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告