地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


群馬県の製造業


概要

 群馬県の製造品出荷額(従業者4人以上の事業所)は、2010年には75,268億円で、全国15位である。2000年代前半よりゆるやかに上昇していたが、リーマンショックにより減少し、2010年に再び回復している。
 増加率を全国と比較すると、2000年代中頃には全国よりも低率になったが、おおよそ全国と同様の傾向が見られる。


伝統工芸(国指定)

伊勢崎絣(織物)、桐生織(織物)

伝統工芸の都道府県別一覧


群馬県の重要産業

概要

 平成24年の工業統計(細分類)の従業者数を用いて、群馬県における重要な製造業(上位20位)を抽出した。
 なお、詳細・抽出方法については、次を参考のこと。

地域にとって重要な産業の抽出方法

 群馬県において特徴的な産業である「産業特性」と、日本全国で見た場合にその産業の規模が大きいかどうかという「産業規模」の2軸で評価し、偏差値を用いて、重要な産業を抽出している。


上位20位

順位 産業 産業特性 産業規模 産業パターン
1位 自動車部分品・附属品製造業 55.9 238.6
優位産業
2位 自動車製造業(二輪自動車を含む) 56.6 98.5
優位産業
3位 自動販売機製造業 101.2 47.3
ニッチ産業
4位 オフセット印刷業(に対するもの) 46.8 101.7
競争産業
5位 製糸業 102.1 45.7
ニッチ産業
6位 あん類製造業 91.8 47.0
ニッチ産業
7位 鍛鋼製造業 90.5 46.3
ニッチ産業
8位 再生ゴム製造業 90.5 45.7
ニッチ産業
9位 他に分類されない食料品製造業 58.1 75.0
優位産業
10位 清涼飲料製造業 77.7 54.7
優位産業
11位 自動車車体・附随車製造業 80.9 50.9
優位産業
12位 亜鉛第1次製錬・精製業 85.3 45.9
ニッチ産業
13位 プラスチック製容器製造業 72.0 59.0
優位産業
14位 万年筆・ぺン類・鉛筆製造業 82.0 48.0
ニッチ産業
15位 床板製造業 83.0 46.8
ニッチ産業
16位 すし・弁当・調理パン製造業 47.8 80.0
競争産業
17位 輸送機械器具用プラスチック製品製造業(加工業を除く) 56.5 70.9
優位産業
18位 冷凍調理食品製造業 66.0 60.6
優位産業
19位 その他の附属装置製造業 78.0 48.5
ニッチ産業
20位 その他の電子部品・デバイス・電子回路製造業 48.4 76.6
競争産業


他の都道府県については「都道府県別分析」の製造業を参照のこと。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告