地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


沖縄県の製造業


概要

 沖縄県の製造品出荷額(従業者4人以上の事業所)(従業者4人以上の事業所)は、2010年には5,655億円で、全国46位である。2000年代前半に6,000億円から5,000億円に落ち込みを見せたが、その後上昇傾向を示し、リーマンショックにより減少し、2010年に再び回復している。
 増加率を全国と比較すると、2000年代前半にはマイナスなどがあったり、2000年代中頃には全国よりも低率になっている。反面、2000年代後半には全国よりも高い増加率になったりもしている。


伝統工芸(国指定)

久米島紬(織物)、宮古上(織物)、読谷山花織(織物)、読谷山ミンサー(織物)、琉球絣(織物)、首里織(織物)、与那国織(織物)、喜如嘉の芭蕉(織物)、八重山ミンサー(織物)、八重山上布(織物)、琉球びんがた(染色品)、壺屋焼(陶磁器)、琉球漆器(漆器)、知花花織(織物)

伝統工芸の都道府県別一覧


沖縄県の重要産業

概要

 平成24年の工業統計(細分類)の従業者数を用いて、沖縄県における重要な製造業(上位20位)を抽出した。
 なお、詳細・抽出方法については、次を参考のこと。

地域にとって重要な産業の抽出方法

 沖縄県において特徴的な産業である「産業特性」と、日本全国で見た場合にその産業の規模が大きいかどうかという「産業規模」の2軸で評価し、偏差値を用いて、重要な産業を抽出している。


上位20位

順位 産業 産業特性 産業規模 産業パターン
1位 製造業 89.3 46.2
ニッチ産業
2位 麻織物業 80.8 45.7
ニッチ産業
3位 砂糖製造業(砂糖精製業を除く) 78.4 46.4
ニッチ産業
4位 パン製造業 49.2 73.1
競争産業
5位 コンクリート製造業 56.7 57.4
優位産業
6位 蒸留酒・混成酒製造業 62.9 49.1
ニッチ産業
7位 再生骨材製造業 65.8 45.9
ニッチ産業
8位 製氷業 63.6 46.2
ニッチ産業
9位 卓上用・ちゅう房用ガラス器具製造業 61.7 46.4
ニッチ産業
10位 めん類製造業 45.1 62.2
競争産業
11位 金属製サッシ・ドア製造業 49.8 57.4
競争産業
12位 コンクリート製品製造業 49.6 56.5
競争産業
13位 陶磁器製置物製造業 59.5 45.9
ニッチ産業
14位 その他の織物業 59.6 45.8
ニッチ産業
15位 清涼飲料製造業 50.6 54.7
優位産業
16位 砕石製造業 56.3 48.7
ニッチ産業
17位 豆腐・油揚製造業 50.1 54.2
優位産業
18位 ビスケット類・干菓子製造業 50.3 52.7
優位産業
19位 処理牛乳・乳飲料製造業 50.8 51.3
優位産業
20位 精米・精麦業 54.0 48.0
ニッチ産業


他の都道府県については「都道府県別分析」の製造業を参照のこと。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告