地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


コンクリート


概要

 コンクリートとは、砂・砂利・水・セメントなどを混合させたもので、主として、建築材料として使用されているものである。

 セメントと水を混ぜたものを「セメントペースト」、セメントペーストと細骨材(砂)を混ぜたものを「モルタル」、モルタルと粗骨材(砂利)を混ぜたものがコンクリートである。

【イメージ】
 セメント + 水 = セメントペースト
              ↓
           セメントペースト + 細骨材(砂) = モルタル
                              ↓
                             モルタル + 粗骨材(砂利) = コンクリート


 なお、「生コンクリート」(もしくはフレッシュコンクリート)とは、凝固する前の状態のことである。


コンクリートの種類

 コンクリートは、様々な区分で分類される。


骨材の比重による分類
重量コンクリート 密度の大きい粗骨材を使ったコンクリート
普通コンクリート 普通の骨材を使ったコンクリート
軽量骨材コンクリート 軽量骨材を使ったコンクリート


混和材料による分類
普通コンクリート 混和材料を用いていない普通のコンクリート
AEコンクリート 凍害対策などで、コンクリート内部に気泡を作るため、AE剤(空気連行剤)を使用したコンクリート
流動化コンクリート 水などを増やすことなく、施工性を良くするため、流動化剤を用いたコンクリート
膨張コンクリート 乾燥収縮により発生するひび割れを減らすために、膨張剤を混入したコンクリート
低収縮コンクリート 乾燥収縮により発生するひび割れを減らすために、収縮低減剤を混入したコンクリート
気泡コンクリート 軽量化のため、発泡剤で多量の気泡を混入したコンクリート
フライアッシュ・コンクリート 長期強度の増強などのため、火力発電所の副産物として発生する良質な微粉灰を混入したコンクリート
高炉セメントコンクリート 長期強度の増強などのため、高炉スラグ微粉末を混合したコンクリート


施工方法による分類
プレキャスト・コンクリート 工場などで、あらかじめ製造されたコンクリート
プレストレスト・コンクリート あらかじめ圧縮応力を加えてあるコンクリート
プレパックド・コンクリート あらかじめ型枠内に粗骨材を入れ、そこにモルタルを入れ作るコンクリート
吹き付けコンクリート 吹き付けガンを用いて、直接、吹き付けるコンクリート
真空コンクリート 真空ポンプで減圧し余分な水を取り除いたコンクリート
水中コンクリート 水中で工事を行うコンクリート


用途による分類
構造用コンクリート 構造物に作用する荷重を支持するコンクリート
舗装用コンクリート 道路舗装用コンクリート
ダム用コンクリート ダム建設用のコンクリート
遮蔽用コンクリート 放射線遮蔽用のコンクリート


参考

明石雄一『コンクリートの科学 (おもしろサイエンス)

セメント協会「コンクリートとは










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告