地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


繊維


概要

 繊維とは、細かい糸状の物質の総称である。

 繊維というと、一般的に服などの材料を思い浮かべるかもしれないが、「食物繊維」と言われるように食べ物にも含まれており、もパルプという繊維の集まりから製造されるものである。

 ただ、耐久性などの点から、下記のようなものを材料として、繊維から服などが製造される。


繊維の分類

 繊維の種類としては、大きく分けて、天然繊維と化学繊維に分けられる。

分類 長所 短所
天然繊維 植物繊維 吸湿性
濡れても強度が落ちない
弾性に乏しく、しわになりやすい
酸に弱い
綿、麻
動物繊維 吸湿性に富む
染色性がよい
弾性回復が良い
アルカリに弱い
日光で変色する
絹、毛
鉱物繊維 石綿(アスベスト)
化学繊維 再生繊維 感触が良い しわになりやすい
酸に弱い
燃えやすい
レーヨン、ポリノジック、キュプラ、リヨセル
半合成繊維 絹のような光沢・感触がある
適度の吸湿性・弾性・熱可塑性がある
アセテート、プロミックス
合成繊維 熱可塑性がある
虫・カビにおかされない
しわになりにくい
耐薬品性が強い
一般に吸湿性がない ポリエステル、ポリプロプレン、ナイロン、アクリル、ビニロン、ポリ化ビニル、ポリウレタン
無機繊維 金属繊維(金糸、銀糸)、ガラス繊維、岩石繊維、炭素繊維


参考

繊維学会編著『やさしい繊維の基礎知識

平井東幸『VISUAL ENGINEERING 図解 繊維がわかる本










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告