地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


ペティ=クラークの法則


 ペティ=クラークの法則(Petty-Clark’s law)とは、経済が豊かになるほど、第1次産業から第2次産業へ、第2次産業から第3次産業へと、産業の中心が移行するという法則である。

 1690年に『政治算術』でペティにより指摘されていたが、オーストラリアの経済学者クラークが、多数の国に関し、各産業の就業者の比率を調べ、ペティの指摘が正しいことを実証したことから、2人の名をとって、「ペティ=クラークの法則」と呼ばれる。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告