地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


特化係数


概要

 特化係数とは、地域のある産業が、どれだけ特化しているかを見る係数である。
 具体的には、例えば工業生産について、i県のA産業の比率と全国のA産業の比率を比べ、i県のA産業の比率のほうが高ければ、i県ではA産業は優位にある(特化している)と考えるものである。

 式としては、次のように定義される。

  特化係数 = i県のA産業の比率 ÷ 全国のA産業の比率

 1であれば全国と同様、1以上であれば、i県のA産業は特化していると考えられる。


 i県について、A産業とB産業があり、次のような比率をとるとする。

A産業 B産業
i県 50% 50%
全国 40% 70%


 i県のA産業の特化係数は、50%÷40%=1.24となり、1以上なので、i県ではA産業が全国に比べ特化している。


留意点

 特化係数は、比率に基づいて計算されるので、ある産業の比率が高ければ、他の産業の比率は低くなるので、その産業の特化係数は低くなる。

 また、特化係数は、(あまり分解されることはないが)2つの意味を合成した指標でもある。
 A県のi産業の生産量をA_i、全国のi産業生産量をY_iとすると、次のように定義できる。

  \displaystyle \frac{A_i/\sum{A_i}}{Y_i/\sum{Y_i}}

 これを式変形すると、次のようになる。

  \displaystyle \frac{A_i}{Y_i} \cdot \frac{\sum{Y_i}}{\sum{A_i}}

 ここで、\frac{A_i}{Y_i}は、i産業におけるA県の産業の比率、\frac{\sum{Y_i}}{\sum{A_i}}は経済全体に占めるA県の比率の逆数である。

 つまり、i産業においてA県の生産が大きくなれば、特化係数は上昇するが、経済全体のA県の比率が高いほど、特化係数は小さくなることを意味している。
 言い換えれば、ある産業で、全国的な地位としてA県は変わらなくても、A県全体の経済が大きくなれば、特化係数は小さくなる。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告