地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


相関係数


 相関係数とは、2つの変数の類似度を表す指標である。

 変数x、yがあるとき、次のような数式で表現され、相関係数は、-1から1の間の値をとる。

   \displaystyle \frac{\displaystyle \sum_{i=0}^{n} (x_i-\overline{x})(y_i-\overline{y})}{\displaystyle \sqrt{(x_i-\overline{x})^2} \sqrt{(y_i-\overline{y})^2}}

 1に近いほど正の相関があり、xとyは同様の傾向を示し、逆に-1に近いほど負の相関があり、xとyは反対の傾向を示す。また、0に近いほど、相関がないと考えられる。

 例えば、身長と体重に関して、相関係数は0.8であったとしよう。1に近いため、正の相関があると考えられる。
 すなわち、身長が高い人ほど体重は重いという傾向(逆に言えば、体重が重い人ほど身長が高いという傾向)が見られるということである。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告