地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


損益分岐点


 経営学の用語で、管理会計において、売上の目安となる指標である。

 費用には、売上数量に比例してかかる変動費と、売上数量とは無関係にかかってしまう固定費がある。
 このとき、気になるのが、どのくらいの売上数量があれば、固定費が回収できるかという点である。そしてこの固定費を回収できる売上数量を「損益分岐点」という。言い換えるならば、固定費が回収でき、利益が上がるか否かといった分かれ目のポイントで、利益が0であるときの売上数量である。

 損益分岐点以下の売上数量であれば、固定費を賄うこともできず赤字であり、損益分岐点以上の売上を上げれば上げるほど、利益もアップする。

 算数で表現すると、利益に関する式は次のようになる。なお、\piは利益、pは価格、vは単位当たりの変動費、xは売上数量、cは固定費である。

  \pi=px - vx -c

 このとき、\pi=0とすると、次のように損益分岐点の売上数量が得られる。

  \displaystyle x=\frac{c}{p-v}

 また、変動費率を\alpha=\frac{v}{p}とすると、次のように損益分岐点の売上高を表すことができる。

  \displaystyle px=\frac{c}{1-\alpha}










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告