地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


農家


農家の定義

 農家は、統計上「経営耕地面積が10アール以上又は農産物販売金額が15万円以上の世帯」と定義される。


農家の種類

 農家は統計上、更に次のように、様々な定義で区分される。

①販売農家と自給的農家
 販売農家と自給的農家は、耕地面積(基準:30アール)と農産物の販売金額(基準:50万円)で区分される。

販売農家 経営耕地面積が30アール以上又は農産物販売金額が50万円以上の農家
自給的農家 経営耕地面積30アール未満かつ農産物販売金額が年間50万円未満の農家


②主副業別農家
 主副業別農家とは、1995年の農業センサスから導入された定義で、農業所得、従事日数(基準:60日)、世帯員の年齢(基準:65歳)で区分され、主業農家・準主業農家・副業的農家に分けられる。

主業農家 農業所得が主で、調査期日前1年間に自営農業に60日以上従事している65歳未満の世帯員がいる農家
準主業農家 農外所得が主で、調査期日前1年間に自営農業に60日以上従事している65歳未満の世帯員がいる農家
副業的農家 調査期日前1年間に自営農業に60日以上従事している65歳未満の世帯員がいない農家


③専兼業別農家
 専兼業別農家は、兼業従事者の有無と、農業所得で区分され、専業農家と兼業農家に、更に兼業農家は第1種兼業農家と第2種兼業農家に区分される。

専業農家 世帯員のなかに兼業従事者(※)が1人もいない農家
兼業農家 世帯員のなかに兼業従事者(※)が1人以上いる農家
  第1種兼業農家 農業所得を主とする兼業農家
第2種兼業農家 農業所得を従とする兼業農家

(※)兼業従事者
  調査期日前1年間に30日以上雇われ兼業に従事した者又は、調査期日前1年間の販売金額が15万円(平成6年までは10万円)以上ある農業以外の自営業に従事した者










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告