地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


移出基盤モデル


概要

 移出基盤モデルは、地域経済学における分析モデルの1つである。
 地域経済について、地域外へ財・サービスを移出する移出産業(基盤産業)と、移出産業の地域内需要や地域内の需要に応じる域内産業(非基盤産業)に分けて、分析を行う。特に、このモデルでは、移出産業の成長が地域経済の成長をもたらすとされている。
 また、需要に応じて経済が成長するとする「需要主導型モデル」の1つでもある。


モデル

 就業者数について、移出基盤モデルを考える。
 地域の総就業者数をT、基盤産業就業者数をB、非基盤産業就業者数をNとすると、次式が成り立つ。

  T=B+N

 ここで、非基盤就業者数は、その地域の総就業者数に比例すると仮定し、N=aTとする。これを上記の式に代入し、変形すると、次のようになる。

  T=(1/(1-a))B

 この式から分かるように、基盤産業就業者数Bが大きくなるほど、総就業者数Tは大きくなり、地域経済は発展する。1/(1-a)は、基盤産業乗数と呼ばれるもので、この乗数が大きいほど、基盤産業の成長が、地域経済の成長をもたらす。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告