地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


債務者区分


 金融機関の自己査定においては、次のように債務者を区分している。

概要 引当率



正常先 黒字で資産超過、延滞などもない債務者 債権額の0.1~0.5%


その他要注意先 要管理先以外の注意先



要管理先 3ヵ月以上延滞債権、貸出条件緩和債権 債権額の2~10%
破綻懸念先 赤字で債務超過に陥っていたり、延滞している債務者 未保全部分の50~70%
実質破綻先 1回目の不渡りや債務整理を委任していたり、延滞している債務者 未保全部分の100%
破綻先 手形交換所の取引停止処分を受けたり、破産などをした債務者 未保全部分の100%









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告