地域経済・地域政策について、批評・分析しています!!
   RSS登録


TFP


概要

 TFP(total factor productivity)とは、全要素生産性と訳されるもので、経済における技術水準を表す指標である。

 生産するに当たっては、労働と資本が投入されるが、それのみでは生産力が決まるわけではない。
 当然ながら、それ以外の技術・知識・ノウハウなどによっても、影響される。その技術力などを表す指標として用いられるのが、TFPである。


成長会計

 このTFPを測定される手法として用いられるのが、成長会計というものである。

 これは、次の式から計算できる。

  TFPの増加率 = GDPの増加率 – a × 資本の増加率 – b × 労働力の増加率

 GDP・資本・労働力の増加率は、各種の統計から、データを得ることができる。また、aやbの係数は、回帰分析やある種の仮定を置くことで統計データから計算することができる。

 そして、GDPの増加率から、資本や労働力の増加を差し引くことで、その余りとして、技術水準であるTFPを計算することができる(余りを計算するということで、これを考え出した経済学者の名前をとり、「ソロー残差」などとも言われる)。


数値例

 例えば、GDPの成長率が2%、資本の増加率は3%、労働力の増加率は-1%とする。そして仮設的に、aは0.4、bは0.6とする。
 そうすると、

  TFPの増加率 = 2% – 0.4×3% -0.6×(-1%) = 1.4%

となる。
 この経済においては、資本は3%増加したが、労働力は1%減少してしまった。しかし、1.4%の技術向上などがあり、GDPとしては2%の成長ができたことを表している。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告

人気記事

人気ワード

人気一覧

広告

分野

地域経済地域経済 (102)
地方行政地方行政 (80)
地域金融地域金融 (22)
地方財政地方財政 (35)
その他その他 (61)
社会福祉社会福祉 (8)
地域活性化地域活性化 (72)
商店街商店街 (15)
エネルギーエネルギー (17)
農林水産業農林水産業 (34)
インフラインフラ (32)
観光観光 (70)
地域政策地域政策 (104)

広告